スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
傾斜がわかれば坂がもっと楽しく
坂を見ると上ってみたくなる。
峠は超えてみたくなる。
そんな「坂バカ」にとって気になるのは、今自分が上っているこの坂の傾斜は一体どれくらいあるのだろうかということです。
そんな疑問を簡単に解決してくれる便利グッズをネットで見つけました。
SILCA傾斜計「Sky Mounti

しかし、送料込みだと4,000円近いというのはちょっと高い (-_-;)
それで、ヤフオクでRSSを登録して気長に待っていたところ、運良く中古のものを安く手にいれることが出来ました。
中古ではあるけど、こういう物は黙っていれば誰もそうとは気づかないでしょう。(ここでばらしちゃったけどね)

というわけで、早速これを取り付けて行ってきました。

行った所は足谷峠。
ここは、我が家から一番近い峠で、去年のちょうど今頃は「伊吹山HC」のトレーニングで毎日のように上っていた峠です。

距離は片道8.2km 標高差、約290m
序盤は1-2%の緩い傾斜の続く波瀬の街道を快調に進んでいきます。

民家が途切れ、矢頭キャンプ場へ向かう細い道になると、ちょっと傾斜がきつくなりますが、まだまだこの辺は序の口。
やがてキャンプ場への道から右へ分かれ、足谷峠への本格的な上りが始まります。

約1年ぶりに来てみると、上り口に車両通行止めのゲートがありました。
しかし、軽自動車が通れるほどの間隔が開けてあるので、気にせずそのまま進みます。

暫く行くと大量の雨水に押し流されたと思われる岩や小石が道路の端に寄せてあったり、渓流に道路が大きくえぐられた所が2箇所ほどありました。
おそらく去年の、あの名松線を押し流した台風18号の影響でしょう。

傾斜は7-10%位から始まって、峠に近づくに従ってだんだんきつくなり、15%を超えるような所も所々あります。
自転車で峠を上るのは、おそらく半年ぶり、いや、それ以上?ということもあって流石に心肺能力は限界に近づいていますが、最後に最大の難所がピークの手前に控えていました。

傾斜計の目盛を読もうとするけど、もうフラフラでよく見えません。
それでもしっかり目を凝らして見てみると、なんと18-19%位の所を示していました。
きついとは思っていたけど、せいぜい15%位だろうと思っていたので、改めて計ってみて新鮮な驚きです。

この傾斜計のおかげで、なんだか坂を上る楽しみがひとつ増えたような気がします。
矢頭峠に堀坂峠。さて、次はどこを計ってみようかな (^_^)v



4040club会員の方はこちらからどうぞ
2010/03/28(Sun) | 自転車 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

足谷峠ってどこにあるんですか?地図で探しても載ってないんですけど。矢頭キャンプ場のちかくなんですか?
掘坂峠の最大傾斜、計ったら教えてください。伊勢山上の方から登った時は思わず歩きました。
一昨年の集中豪雨の爪あとはひどいですね。昨年秋鈴鹿の石ぐれ峠を登った時は何度も自転車を担ぎました。谷底へ落ちないように気を使いました。
by: シゲ * 2010/04/05 00:16 * URL [ 編集] | page top↑
--Re:--

シゲさん

足谷峠はここです
http://goo.gl/R2IR
こちらは矢頭峠とは違って殆ど車が通らないのでヒルクライムの練習には良いところです。
「三重の峠」という本で紹介されていたのでこの名前を知りました。
http://goo.gl/nMDw
この本、単なるツーリングガイド的なものではなくて、峠にまつわる歴史や文化等について詳しく書いてあってなかなか面白いですよ。
by: ゴジュウカラ(かず) * 2010/04/05 06:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nomore86.blog106.fc2.com/tb.php/162-806fd3a8
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。