fc2ブログ
松阪トレイルランのルートを試走
広々とした松阪平野の西に広がる雄大な山塊。
そこを舞台に開催される「松阪トレイルラン」という大会があります。
私は、第一回が開催された平成18年、ネットを徘徊中にこの大会を偶然に見つけました。
その頃はまだ、自分が普通のマラソン大会にさえも出るということをあまり具体的に考えていなかった頃で、
この大会についても参加してみようとは全く考えていませんでした。
しかし、あれから一年と少しが経ち、
私も数は少ないものの、いくつかのマラソン大会を経験する中で、
トレイルランというものにも少し興味が出てきました。

というわけで、今日はこの大会のコースを走ってみることにしました。
本来はベルファームがスタート・ゴールになりますが、
今日は松阪森林公園を起点とします。

森林公園駐車場から横滝寺、瑞厳寺を通る急坂の林道を経て、
伊勢自動車道に沿った道を登山口のある浄眼寺に向かいます。
ペースはあくまでもゆっくり。
これから始まる山道のランニングに備え、エネルギーを蓄えておかなければなりません。

そしていよいよ山道に入り、最初のポイント、阿坂城跡(白米城跡)に向かいます。
ここまでの道は、山道とはいえ比較的広く、傾斜もさほどきつくないので、
部分的な急坂を除いて、ゆっくりなスピードではあるものの概ね走って通過できました。

しかしそこから先が問題です。
道は本格的な山道になり、急傾斜で幅は狭く、とても走れるような状態ではありません。
下りも傾斜がきつい為、歩幅を小さく、慎重に滑らないようにゆっくりと下りるしかありません。
この間、大きなピークは鉢ヶ峰と観音岳のふたつですが、その間にいくつもの小さなピークがあります。
つまり、登ったり下ったりが何度もあります。

やっとの思いでこのルートの最高峰、観音岳に着きました。
東に松阪平野が広がり、眼下に松阪森林公園がパノラマのように望めます。

さて、ここから堀坂峠までは所々小さな上りがあるものの、概ね下り。
傾斜も比較的緩く、スピードを出さなければ一応トレイルランらしい走りが出来るところです。

そして堀坂峠からは、本来は堀坂山に登って、尾根伝いに森林公園に下りてくるというコースを辿るのですが、
今日はそちらには行かず、堀坂峠から車道を下って、森林公園に帰ってきました。

今回初めて山道を走るということをやってみましたが、記録を狙って速く走るということはとても無理だなと思いした。
もっとも、松阪トレイルランは表彰もなく、完走が目的の大会なので、安全に楽しく走ることが第一ですね。
もし今年も開催されるのなら、是非参加してみたいなと思います。

白米城跡 初日の出の名所
元日、天気がよければ200人以上の人出がある

観音岳から松阪平野を望む

観音岳から見える堀坂山の雄姿

今日のルート
距離 : 19.3km
所要時間 : 3時間 11分 41秒(平均速度約6.0km/h)
高低差 : 595.0m


2008/03/02(Sun) | トレイルラン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

松阪トレイルランですか、面白そうですね。

掘阪峠は4月に開催される「太陽の道ウルトラマラニック」のコースになっています。
by: ぴかいち * 2008/03/04 06:42 * URL [ 編集] | page top↑
--太陽の道ウルトラマラニック--

ぴかいちさん
調べてみました。
190kmですか (@_@)
すごいとしか言いようがないですね。
今の私の力ではとても無理ですが、ちょっとでも近づけたらいいなと思います。
by: ゴジュウカラ * 2008/03/04 12:19 * URL [ 編集] | page top↑
--トレイルラン&マラニック--

太陽の道マラニック、190kmですか。
一度参加してみたいけれど…。
松阪トレイルラン、写真見ている限りでは青山高原と見間違うような風景ですね。
by: KAY.T * 2008/03/05 16:39 * URL [ 編集] | page top↑
--Re:トレイルラン&マラニック--

私は走力の問題ですが、
KAY.Tさんの場合は休みが取れないということがネックですね。

青山高原は自転車ではよく行くところですが、
ハイキングコースをランニングしてみるのも面白そうですね。
5月のつつじマラソンも出てみようかな。
by: ゴジュウカラ * 2008/03/05 19:54 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nomore86.blog106.fc2.com/tb.php/55-d0390037
前のページ ホームに戻る  次のページ