fc2ブログ
10kmという距離は・・・
台風13号も予定より早い速度で通り過ぎ、今日は朝からとてもいい天気でした。
しかし、気温の方も上がって我が家の温度計では最高が31.6℃。
湿度も高かったので、夕方のジョギングも久しぶりの暑さに苦しみました。
ところで、いつも私が夕方走っている距離は10km前後です。
この距離は今の私にとってはごく当たり前の距離で、特に長いとか短いとかいう感覚はなく、普通に走って1時間弱の距離なのですが、
この距離を私が生まれ育った地域に置き換えて見ると、その距離感覚が大きく違ってきます。

私が生まれたのは広島県安芸郡府中町の北の端、みくまりという地区です。
googleマップで最近の画像を見てみると、今は住宅が立ち並び、道路も広くなって見違えるようですが、私が子供の頃は我が家より北には殆ど家はありませんでした。

そんな我が家から榎川沿いを毎日延々と歩いて通った小学校までが片道1.5km。
中学校は片道1.9km。
よく遊びに行った友達の家や、子ども会のキャンプで行ったみくまり峡。
それに夏休みにちょっと遠出気分で行った府中南小学校など。
どれをとっても1km前後の範囲内におさまってしまいます。
当時の私にとってはとても広い世界だったのに、今振り返ってみるとこんなに狭い範囲で暮らしていたんだなと驚いてしまいますね。
それでは、昔の我が家から10kmの距離というとどこまで行けるのでしょうか。

隣の船越町との境界の船越峠までが3.4km。
海田市駅までがやっと5.3km。
まだまだ行きます。
なんと、安芸中野駅でやっと9.1km。
高校時代に仲の良かった友達の家が安芸中野のちょっと山手にあったのですが、そこでやっと10kmでした。
当時は、こんな山の中の不便なところから毎日学校に通うのは大変だろうなと思っていたものですが・・・

いや~ぁ こうしてみると10kmというのはすごい距離ですね。
これだけの距離を自分が日々走っているとは、改めて感心してしまいます。
といっても、これを読んでいる人には全然話が通じないと思いますが、是非一度皆さんが生まれ育った町で試してもらったらよいかと思います。
きっと、子供の頃の距離感覚との違いにびっくりされると思いますよ。

さて、明日は2週間後に迫った藤堂マラソンに向けてのLSDでもしようかなと思っているのですが、どこまで行こうかな。
東広島市の西条辺りまで行ってみますかね (^_^)v
2008/09/20(Sat) | 雑記帳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nomore86.blog106.fc2.com/tb.php/97-4188d1ac
前のページ ホームに戻る  次のページ